2011年10月16日

North Mountain Lake OPEN!&青川ネットワーク有志放流会 in 2011(Vol.2)



BLOG2011101601.JPG

ローカル・リバーでの釣りを愉しむフライフィッシャーマン。



10月16日(日)、待ちに待ったNorth Mountain Lakeのオープン、青川ネットワークさんの有志放流会と、2つのイベントが同時に行なわれました。


続きを読む
posted by Hutt River at 21:15| Comment(70) | TrackBack(0) | Fly Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

ローカル・リバー 20111008



朝ゆっくりと起き、コーヒーを飲む。
それからゆっくりと準備をして、川へ車を走らせる。
鈴鹿の山並みを横目で見つつ、刈り込まれた田園風景の中を走ると、川が見えてくる。
自宅を出て、30分もかからない。
川沿いの道を走り、川を見ながら進んでいくと、仲間が釣りをしているのを見かける。
こっちに気づき、遠くからでも分かるくらい大きく手を振ってくれ、自分もウェーダーを履き、川へ。
特に約束もせず、たまたま同じくそこに居合わせただけ。それでも一緒に釣りをしましょうよ、と自然となる。
川原の石に腰をかけて仲間の釣りを眺め、川はたゆまなく流れる。
そんなゆったりとした一日…。


そんな川が近くにあるのです。


BLOG2011100801.JPG


続きを読む
posted by Hutt River at 23:44| Comment(36) | TrackBack(0) | Fly Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

青川ネットワーク有志放流会 in 2011



BLOG2011100201.JPG


長袖シャツでちょうど良いくらいの時期になりました。
初秋とはいえ、異常気象の影響なのか、少し前までは日中は少し汗ばむくらいの日もあったのですが、確実に秋の訪れを感じるようになりました。
ふと見上げれば、今年も暑かったあの真夏の空から、いつの間にか秋の高く澄み渡った空になっていることに気づきました。
そんな秋の空を見ていたら、釣り人の心を捉え続けてきたシーズンも終わったことを思い出し、時を取り戻せない寂寥感を感じつつも、次シーズンはもっと川と向き合えているだろうか、と漠然とした不安感と期待感を混在させたり…。
思い巡らせ、心揺さぶる時期なのも、秋の気配のせいなのでしょう。

一般的には、このまま冬を迎え、次の春の訪れが来るまではフライを巻きためたり、ギアをメンテしたりして静かに過ごすのでしょうが、地元ではまだまだ河は眠りません。
青川ネットワークさんの活動が再始動となり、これからがホットなシーズンの幕開けです。

10月2日(日)、青川ネットワーク・メンバーを中心に、有志によるニジマス放流会がローカル・リバーで行なわれました。


続きを読む
posted by Hutt River at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | Fly Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。