2013年06月09日

Fishing Trip in Iriomote Island 20130602-05



BLOG2013060301.jpg


遥か遠く、離島・西表島へ…。








6月2日(日)にセントレア・中部国際空港を出発し、6月5日(水)までの3泊4日で、沖縄県八重山郡・西表島へ行ってきました。

今回、とうとう昨年10月にキャンセルになった南の島行きへのリベンジを果たすことができました。








【出発〜到着まで】

昨年は、飛行機が中部国際空港〜那覇空港〜石垣空港へトランジットするという旅程でしたが、今年3月に新しく南ぬ島・石垣空港ができ、名古屋から石垣島までの直通便ができましたので、ずいぶんと楽になりました。(1日1便ですけど…。)

石垣空港からは、離島ターミナルを経由して船で西表島・上原港へ。

AM10:00台のフライトで約2時間40分、船で約1時間、その間の移動時間も含めると、西表島への到着は夕方近く…。
移動にほぼ1日を費やすことになりました。
今回の旅行は、4日間の行程でしたが、もう少し滞在日数があるといいですね。

BLOG2013060201 出発前.jpgBLOG2013060202 中部国際空港.jpgBLOG2013060203 石垣島到着!.jpgBLOG2013060204 周囲の景色はやはり南国.jpgBLOG2013060205 サトウキビ畑.jpgBLOG2013060206 石垣島離島ターミナル.jpgBLOG2013060207 船に乗り石垣島を離れます.jpgBLOG2013060208 西表島での宿泊先のすぐ前に海.jpgBLOG2013060209 トゥドゥマリ浜.jpg










西表島到着後、翌日はフィッシングガイドをお願いして、マングローブの生い茂る川でのフィッシングへ。



BLOG2013060302.jpg

今回は、カヌーでのチャレンジ。



BLOG2013060303.jpg

河畔には、マングローブ、アダンなどの亜熱帯植物が生い茂っていました。





BLOG2013060304.jpg


BLOG2013060305.jpg

妻はルアーロッド、私はフライロッドで臨みます。



BLOG2013060306.jpg

セットアップは、このトリップのために寺尾さんにビルドしてもらった、寺尾ロッド7.6ft・#7“Warm Water Special”



BLOG2013060307.jpg

ポイントは、バスフィッシングそのもの。
マングローブの木の根元や沈木など、カバー周りがポイントになります。
カヌーからのキャスティング、しかも複雑に構成するマングローブの木の根に、ポッパーなどのバルキーなフライをプレゼンテーションするには、寺尾ロッドのこのレングスと番手がピッタリでした。

カバー周りにフライもしくはルアーをキャストし、ワンアクション、ツーアクションと動かすと、バコッと魚が出てきます。
妻のルアーには魚がチェイスしてくるのが見え、カヌーの際でミノープラグを引ったくっていく個体もいて、ドキドキ、エキサイティングな釣りでした。



BLOG2013060308.jpg

妻には、グッドサイズのマングローブジャック(ゴマフエダイ)が多数ヒット!

往年の名ルアー、ラパラ・フローティングミノーや、Navy・Tさんから餞別としていただいたトラウト用ディープダイビングミノーが特に効きました。
正直、フライよりもルアーの方が強かったですね。
魚が反応する割合も段違いでした。
私が投げた後でも、魚を出すこともしばしば…(汗)

ただ、一度出た魚がもう1回バイトするということはなく、ピンスポットに入れ、ルアー(フライも)にアタックしてきてもフックアップしなければ、それっきり…。
一発で魚を出すキャスティング精度と、絶妙なタイミングで喰わせるアクションが必要なようです。
しかし、カバー周りをタイトに攻めることができると、確実にグッドサイズの魚が顔を出す、という場面がたくさんありました。



BLOG2013060309.jpg

BLOG2013060310.jpg

私の方にも、ナンヨウチヌやマングローブジャックが出てきてくれました。
いずれもポッパーに出てくれました。
ポッピングさせているとバコッと出てきてくれる釣りは、視覚的にもドキドキワクワク感で楽しめました。
おまけに、魚の引きも強く、なかなかのものでした。










BLOG2013060311.jpg

PMからは、突然のスコールにも遭遇しました。
こちらも梅雨時期でしたが、本州のように長く雨が続くということはないそうです。
亜熱帯らしく、強雨がザーッと降って、しばらくすれば止みます。
さすがの雨の強さに、釣りも一時中断。
河畔から伸び出た木の下で雨宿りをしました。



BLOG2013060312.jpg

PMには、支流も案内してもらいました。
ここはパシフィック・ターポンが釣れる可能性がある所だそうで…。

私の見る方向の先に、ライズ?ボイル?が見られますが、残念ながら小さいチヌのスクール。
フライにはワラワラと寄ってくるのですが、フックアップも厳しいほど小さく…(苦笑)



BLOG2013060313.jpg

本流筋では、私のポッパーにバラクーダ(オニカマス)がヒットしました。



BLOG2013060314.jpg

そして、終盤には妻がギンガメアジを釣りました!

シャローフラットでアクションさせていたペンシルベイトを引ったくり、ギュンギュンにロッドを絞り込んだのはこの魚が一番でした。
フライロッドで釣りたかったですね〜。








BLOG2013060315.jpg

私も妻も、西表島のマングローブでの釣りを目一杯楽しませてもらいました。
人工物のない在りのままの濃い自然に、豊富な魚種と数…。
この島と川に感謝です!










【Foods】

島での滞在中、居酒屋巡り?も欠かせません。
沖縄の風土に合ったビールに、島料理。

     foods01.とりあえず、生!.jpgfoods02.オリオンの発泡酒.jpgfoods03.飲んでばかりですね.jpg
foods04.グルクンの唐揚げ.jpgfoods05.タコライス.jpgfoods06.島たけのこのチャンプル.jpg
foods07.青パパイヤと生ハムのシーザーサラダ.jpg  foods08.ゴーヤとラフテのピザ.jpg  foods09.八重山そば .jpg
foods10.島バナナ&チョコ、島とうふ&パインのアイス.jpgfoods11.島とうふのサラダ.jpgfoods12.てびち(豚足).jpgfoods13.もずくの天ぷら.jpgfoods14.しりしりにんじん.jpgfoods15.アダンの天ぷら.jpg










【アクティビティ】

フライ&ルアーフィッシングの翌日は、カヤックツアーへ。

BLOG2013060401 カヤックで漕ぎだします.jpgBLOG2013060402 アダンの実.jpgBLOG2013060403 少し時期の早いサガリバナ.jpgBLOG2013060404 トビハゼ(トントンミー).jpg  BLOG2013060405 サキシマスオウノキ.jpg  BLOG2013060406 熱帯植物の特徴、板根.jpg
BLOG2013060407 キノボリトカゲにも遭遇!.jpg  BLOG2013060408 ピナイサーラの滝に到着です.jpg  BLOG2013060409 滝壺に飛び込み見上げた滝はまた違います.jpg
    BLOG2013060410 行水?.jpg  BLOG2013060411 ヤエヤマヒルギ.jpg  BLOG2013060412 オヒルギ.jpg





きちんと観光客もしてきました(笑)
西表島といえば、由布島も有名どころということで…。

BLOG2013060413 由布島の水牛.jpg  BLOG2013060414 由布島内は植物園になっていました.jpg  BLOG2013060415 ハイビスカスの花.jpg
BLOG2013060416 ブーゲンビリアが咲き誇っていました.jpgBLOG2013060417 変わった葉ですね.jpgBLOG2013060418 花?葉?とにかくエキゾチック.jpg
   BLOG2013060419 トックリヤシモドキとその花.jpg  BLOG2013060420 日本で一番大きいオオゴマダラ.jpg  BLOG2013060421 ブルーのきれいなリュウキュウアサギマダラ.jpg
BLOG2013060422 金色に輝くオオゴマダラの蛹.jpgBLOG2013060423 帰りはおじぃが三線を弾いてくれます.jpgBLOG2013060424 由布島を後にします.jpg







posted by Hutt River at 20:36| Comment(4) | TrackBack(0) | Fly Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

う〜ん

そのまま水牛と暮らすのかと思ったが・・・・・・
さては脂鰭恋しさに帰って来たな!
Posted by 源さん at 2013年06月13日 22:12



源さん

現地ガイドからこの島での生活について聞いてみたところ、意外に生活コストがかかることを知りました。
漁業がないので、新鮮な魚が食べたければ自分で釣りをし、肉が食べたくなったら台風で逃げた放牧牛を襲うか…(笑)
まあ、後半の冗談はさておき、電力供給は石垣島の海底ラインから、不燃ゴミは有料、物価は高めと、ジャングルの奥深さと同様に大変そうです。

その前に、私は暑いのは苦手でして…。



Posted by Hutt River at 2013年06月13日 22:40
もうすっかり夏っすね。すんげえ!西表島まで、遠征?びっくりでした〜 うらやましい。
しかし、いつも、手の混んだ写真に記事
も、すごいっすね〜
Posted by nick at 2013年06月17日 18:33



nickさん

行ってきました、西表島!
いや〜、暑くなりましたね。
本流釣行の調子はいかがでしょうか?

とりあえず、目標のトリップを完遂しましたので、これからは本州の本流&渓流に専念できます(笑)
またよろしくお願いします。



Posted by Hutt River at 2013年06月17日 18:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。