2013年08月21日

Fly Fishing番外編



とあることがきっかけで、手元に来た2本のロッド。
いろいろありまして…。


BLOG2013082001.JPG








最近は、このブログ更新もすっかり途絶えてしまいました。
全く何もネタがないわけではないのですが、この頃はFacebookが中心になり、その簡易性・利便性にブログも負けてしまうわけで…。
また、時期的にこうも暑さが続くと、自ずと大好きな本流釣行も足が遠のいてしまいます(夏場は熱中症になりに行くようなものですしね)。
今回は、幾つかの内容をまとめて…。





冒頭の写真は、これまでフライフィッシング一辺倒だった私がこれまで踏み入れなかったジャンル、ルアーフィッシングのロッド。

今年6月の西表島旅行で妻とマングローブ・フィッシングをして以降、妻がルアーフィッシングを始めてみたいと話すようになったのが今回の発端となります。



何しろ、子どもの頃にかじった程度、私も渓流でのルアーフィッシングは未経験で、何も分かりません。
妻に始めてもらうにせよ、私もある程度理解していないと、教えることもできませんからね。
まずは、先回のANキャンプ釣行会でNavy・Tさんから貰ったロッドで、自分が練習をしてみることにしました。

それで、セットアップのベーシックは、ANメンバー・ルアーフィッシングの先輩諸氏から情報収集し、ルアーも適当なものを見繕って…。










8月10日、下見&練習を兼ねて、単独で渓流へ。
朝イチの涼しい時間帯を狙い、とりあえずフライロッドは封印しておきます。

ファーストキャストは、懐かしのブレットンのスピナーNo.1(銀赤ドット)。
子どもの頃のイメージそのまま、釣り具屋のショーケースにばら売りで並んでいて、安価であったのでなけなしの小遣いで買えたルアーの一つです。



まずはエントリーしたすぐ下流の浅瀬をダウンで…。

BLOG2013082002.JPG

すぐに小さいながらもヤマメが出てくれました。

その後も何尾もスピナーをチェイスしてくるのですが、小さいヤツばかりでフックアップに至らず…。





今度は釣り上がりで、アップで狙っていきます。

対岸の岩盤の深みから、魚がチェイスし、ゴンッとノッてくれました。
リールのドラグをチリチリ鳴らし、ギラギラと銀色にローリングするのはヤマメと一目で判ります。

BLOG2013082003.JPG

幅広ボディの綺麗なヤマメ。
メジャーで測ると、29.6、7cm…。
どう測ってみても泣き尺のヤマメでした。
ビギナーの自分にとっては、渓に入って2尾目でこのサイズ、どうするの?というような感じでした。





キャスティングにも慣れ、釣り方の要領も何となくですが、分かってきました。

BLOG2013082004.JPG

その後もアップでの釣りで、各スポットから面白いように出てきます。
中には途中でフックアウトしたり、Uターンしていったり、視覚的にもかなり興奮しますね。





BLOG2013082005.JPG

この日釣り上げた魚は、大小含め20尾近くになっていました。
今回入った区間は、いつもフライフィッシングで釣り上がる区間なのですが、サイズ・数共にフライを上回る釣果に驚きでした。
ルアーって、こんなに反応があるものなのですね。










BLOG2013082006.JPG

8月17日、妻と釣行へ…。
妻にとっては、初めての渓流ルアーフィッシングのデビューとなります。





BLOG2013082007.JPG

私もフライロッドを持って渓に入ったのですが、違うロッドを持っていますね(笑)
(あくまでデモですよ、デモ。)





BLOG2013082008.JPG

可愛らしいイワナが顔を見せてくれました。





BLOG2013082009.JPG

良型のイワナも数尾追加し、妻の渓流初デビューとしては上出来でした。
本人も楽しんでくれたようで、何よりでした。
午前中にはストップ・フィッシング。
昼食に蕎麦を食べに行き、後は地元野菜を買いに行ったり、温泉に行ったり、ゆっくりのんびりと帰ってきました。










BLOG2013082010.JPG

そして8月18日、手元に来た2本のロッド。
いずれも、いつもお世話になっているFly Fisher's Craft.・寺尾さんがビルドしたものになります。
2本とも、妻の名前がオーナー・ネームとして書き記してありますので、くれぐれも誤解のなきよう…(笑)





BLOG2013082011.JPG

こちらはつい最近、山猿さんから譲っていただいたスピニングロッドで、寺尾さんが過去にビルドしたものです。
このロッドは既に完品なので、オーナー・ネームの名義変更を寺尾さんにお願いしました。





BLOG2013082012.JPG

フライフィッシングをする人なら誰でも一目見て判る、SAGEのブランク。
スペックは5.3ft・ULアクションでしょうか。
確かSAGEでは、現在はルアーロッドを作っていなかったと思います。
このブランクは、恐らくGraphiteV時代くらいのもの?
随分昔のもので、レアな部類になるかと思います。





BLOG2013082013.JPG

そして、もう1本が今回、新たにオーダーしたスピニングロッド。
6ft・MLアクションくらいになるかと思います。
マングローブ・フィッシング用に仕立ててもらったものですが、ブランク自体はトラウト用なので、本流のトラウト・フィッシングでも十分使えるロッドになりました。


ラッピングも女性らしいものに仕上げてもらいました。
ワインディングチェックも、らしくて良い感じになりましたね。
ブランク・カラーはバーガンディーの色目を選ばせてもらったのですが、後日談で、実は漆塗りのブランクだったということが発覚しまして…。
えらいものをセレクトしてしまいました(汗)


本来、フライロッドビルダーが本職である寺尾さんにルアーロッドをお願いをしましたので、片手間に組んでもらえればいいかと考えていたのですが、出来上がりは細部にまで一切の手抜きがなく、むしろ本気でビルドしてもらえたと思います。










これからも2人で、このような光景を分かち合えていけることを…。

BLOG2013082014.JPG







posted by Hutt River at 23:03| Comment(4) | TrackBack(0) | Other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すげ〜っすね

とても初めての人の釣果じゃないですね

デカヤマメうらやましいです

今度僕もそこに連れてってください

オリジナルのロッドもいいですね

ネームとか入れてもらえるのいいですね
Posted by ぴーた at 2013年08月22日 19:42



ぴーたさん

連れてくも何も…。
AN釣行会でぴーたさんとacro bros.さんらが釣りに行った渓ですよ。
まんまぴーたさんが最初に入った区間です。
それよりも先日行った長野の本流、また行く時にはおっしゃって下さい。
私もあの界隈を彷徨っていますので。

スピニングロッドまでカスタムビルドしてもらいましたよ(汗)
ルアーのことはまだまだ分からないことが多いので、またご教示下さい。



Posted by Hutt River at 2013年08月22日 20:58

goddess? イザナミノミコト?

いいなぁ。

青川ネットワークはQ様なんだョ・・・・
Posted by 源さん at 2013年08月23日 21:58



ま、カミさんだけに…(笑)
これからは、のんびり蕎麦食って温泉入ってのノンビリ釣り旅をしていきます。

そろそろ青川ネットワークさんにも女神様が降臨しませんかね?
だけど、おいしいんですよね、Q様。
ツッコミどころ満載のネタには事欠かない、あんなキャラの人…。




Posted by Hutt River at 2013年08月24日 18:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。